補助錠(鍵)って必要?防犯対策の考え方とは

誰もが鳥に対してしっかりとした対策をしていますか?

「外出するときに鍵を正しく閉めていると思っていますか、私たちの家は大丈夫ですか?」

私は私たちの小さな不注意を逃しません。

防犯対策にはいろいろな種類がありますが、簡単に行える防犯対策として窓に補助錠を取り付ける方法があります。

そこで今回は、補助ロックの種類や取り付け方法などの補助的なロックについて詳しく説明します。

被害を受けやすい家は何ですか?

泥棒は侵入しやすい家を目指しています。

窓の補助ロックを説明する前に、どのような家が犠牲者に苦しむ可能性があるかを見てみましょう。

人の兆候はない

第一に、空席は家に侵入し、家族が離れている間に盗む行為です。

雨戸が何日も閉じられているので、人々の兆候がない家庭を容易に標的にすることができます。

交通量が少ない

それは自然かもしれないが、犯罪犯は目を撃ち、犯罪になる。

その結果、目に見えない家庭をターゲットにする可能性が高くなります。

トラックの近く

窓ガラスを壊すと大きな音がします。

列車が近くに通っている家の場合は、列車が通過する音を使用して溺れることができます。

そのため、列車が近くに通っている家を対象にすることは容易であると言えます。

駅の近く

駅の近くにある家には注意が必要です。

犯行直後に列車に乗って逃げることができるので、多くの場合、駅の近くの家の近くを目指すようです。

このようなことを感じたら、それが空であることを確認する措置を講じるようにしましょう。

補助ロックを窓に取り付ける必要性

補助ロックは全体にどのような影響を与えますか?

ここでは、窓に補助ロックを取り付ける必要性について説明します。

最初から窓に付いているキーは、ほとんどが三日月形のタブレットと呼ばれています。

クレセントロックは、2つの窓の間違った部分に取り付けされるキーです。

三日月形の錠剤はもともと窓ガラスの密閉性を向上させる器具であるので、防犯性能は決して高いものではない。

あなたはガラスを破ることで簡単にロックを解除することができます。

したがって、ベストの損傷を防止するためには、補助錠などの安全性の高いキーを取り付ける必要があります。

補助錠は、窓ガラスまたはサッシに取り付けられたセキュリティキーです。

補助ロックでロックすると、窓を外側から開くことはできません。

窓を壊すことによって補助ロックを解除することはできますが、侵入に時間がかかることは間違いありません。

盗人の約70%は、家に入ると5分で解錠できない限り、侵入を断念すると言われています。

そのため、補助錠を設置することで防犯性能が大幅に向上するといえる。

補助ロックは固定タイプと取り外し可能タイプがあります

窓の固定式と取り外し式の2種類があります。

各機能を見てみましょう。固定補助ロックは、サッシにネジなどを用いて取り付けるタイプです。

しっかりと固定することで、強制的に窓を開けないようにします。

ただし、吊り下げ用の穴を掘削する必要があるため、元の状態に戻すことが義務付けられるケースが多い賃貸住宅には注意が必要である。

リムーバブルタイプ

取り外し可能な補助ロックは、容易に取り付けおよび取り外しができるタイプです。

一般的には、サッシの水戻し部分に差し込み、ダイヤルを回して固定するものがたくさんあります。

固定タイプとは異なり、サッシに穴を開ける必要はないので、賃貸住宅にも設置できます。

これらは補助ロックの主なタイプと機能です。

高い防犯性を備えた固定型を取り付ける場合は、補助錠を設置できる業者に尋ねることができます。

セキュリティパフォーマンスを向上させるために補助ロックを使用する方法

次に、どの部屋に補助錠を取り付けるべきですか?

もちろん、すべての部屋に対して対策を講じるのが最善ですが、ここでは措置を忘れる傾向のある場所を紹介します。

あなたは措置を忘れる傾向がある場所として、バスルームとトイレがあります。

一般に、格子はしばしば浴室またはトイレに設置される。

グリッドがついていれば侵略されないと思いませんか?

窓の格子は、それになると簡単に取り除くことができます。

対策を忘れる傾向があるバスルームを目指している多くの泥棒がいるので、バスルームやトイレの窓に補助錠をつけましょう。

また、窓の補助ロックの使用方法を工夫することで、防犯性能をさらに向上させることができます。

その使い方は、窓の上部と下部の両方に取り付けすることです。

補助ロックを上下に設置することで、侵入に要する時間を長くすることができます。

侵入に時間がかかるほど、泥棒はあきらめてしまう可能性が高いので、参考にしてください。

レンタル住宅にも補助ロックを設置できますか?

しかし、私は前の章で少し拾った、レンタル住宅に窓の補助ロックを取り付けする場合は、サッシの穴が必要ない、それは取り外し可能な補助ロックをお勧めします。

しかし、他に注意すべきことがあります。

賃貸住宅の場合、火災などの緊急事態が発生した場合、家主または管理会社の人々は、またはガスと水のメインバルブを部屋に閉じて、これは消火活動を引き起こす可能性があります。

家主や管理会社の人は重複したキーを持っているので、玄関から入ることも多いと思いますが、玄関から入ることができない場合は窓からも入ると思います。

その時、補足的なロックは作業に支障をきたし、問題が発生する可能性があります。

そうしないために、賃貸住宅の窓に補助錠を設置する場合は、家主または管理会社の許可を得た上で補助錠を設置する必要があります。

まとめ

最初から窓に取り付けられた三日月型タブレットの防犯性能は決して高くありません。

侵入のために5分以上かかると泥棒をあきらめる傾向が強いので、侵入するまでに時間がかかることが重要です。

そのためには、窓に補助ロックを取り付けることをお勧めします。

窓用の補助キーには、固定タイプと取り外し可能タイプの2種類があります。

着脱が可能な場合は窓サッシに穴を開ける必要はないので、賃貸住宅に住んでいても取り付けが可能です。

ただし、賃貸住宅の場合には火災などの緊急事態を防止するために、賃貸住宅の場合は、家主または管理会社の許可を取らないようにすることも考えられます。

また、補助ロックの詳細を知りたい場合や、補助ロックを取り付けしたい場合は、補助ロックを取り付けできる業者に相談してみましょう。

豊富な知識と経験を持って、あなたの家に合った補足錠を設置する必要があります。

関連記事

ページの先頭へ